スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
たぶん天使になった がじがじ(享年11歳11ヶ月・♀)
この猫がいなかったら、こんな猫まみれな人生にならなかったであろう、
ゴッドマザー がじがじ王冠2
がじがじ様 
2年前、腎不全で逝ってしまうまでは、まさしくゴッドマザーだった。

母は30歳までは軽く生きるって思ってたんだけどね。…いや、老後の面倒をみてもらおうとまで思ってたよ☆

ダンナの連れ子の第一子。
新宿のとある公園で、うん○まみれでいたそうな(^^;)←もちろん子猫
・笑
小さい時、ウサギを飼ったことがあっても、さして猫に興味がなかったというダンナを猫バカ(失礼汗)にしてしまったんだからねー(^ー^)

母が初めて、がじがじを見た印象は
「メンフクロウみたいな顔…っていうか『がじがじ』って…あせあせ
名前も印象的だったし、顔も母が知っていた猫とな〜んか違うっていうか、
…メンフクロウなんだよね、顔が(^。^;)
性格は、凶暴禁止

でも、これは臆病の裏返しだったんだと思う。←幻想かもしれない星

黒助同様、引越し当初はカーテンの裏に隠れて、10日間くらい姿を見せてくれなかった。
カーテンめくったら

「かーーーーーっっ!」

(あたしは怒ってんのよーーーーっっ)

だし(T▽T)
猫ってこんなに怖いのね〜なんて思ったりして。
それが、ある日突然

「にゃあ〜〜〜〜〜ん♪」

とか言いながら、なんと!

足に頭をゴチンしてきたのだ!


「がぁ〜〜〜〜じぃ〜〜〜〜〜♪」

と、うるうるしながら体を撫でた瞬間……

「シャアーーーーーー

ーーー!!!」


(気安く触るんじゃないわよーーーーっっむかっ

「……(ToT)」と母。

ギザギザギザギザそういう奴なんだな。
この洗礼は、我が家に来た友人は皆受けることになった・笑
甘えてきて、この仕打ち。
これは人に限らず、ボクちゃん以下ニャンにも同じことだった。
もちろんお玉にも容赦はない(^^;)
ま、皆 平等…?
がじがじ 水前 文字
ダンナなんて付き合い一番長いにも係わらず、しょっ中 流血してた病院
自分から膝の上に乗っかってきたくせに、ちょっと気に入らない動きをすると、

「シャッ」ビシッどんっ首がよ〜〜〜く回るんだよね。

そんな凶暴 怒りんぼがじも後から後からやってくる(^^;)新参者の面倒はよくみてくれた。

それも厳しく・笑

他のニャンも、がじの性格はよくわかってて
「シャーシャー」「ガブガブ」(←本気ではない)してる時は、
じーーーーーーっと動かなかったもんね。
そうすると仕方なく、がじはペロペロ毛づくろいをしてくれるのを皆わかってた。
何故か他のニャンには人気あったなぁ(*^^*)
ボクちゃん寛ぎすぎ
↑がじの事を一番好きだったかも☆でも一番怒られてた・笑
グレいい顔
↑やっぱり、がじが好きだった。唯一甘えられた相手だったし。

本能での母性はやっぱりあって、
以前、助六&揚巻がチビッチの頃ワクチンでちょっと具合が悪くなった時、がじ&グレ(代理母)が分担して2匹の傍に元気になるまで寄り添っていたこともあった。
猫の家族愛ってすごいっ!って感動したものだよ(T▽T)

晩年は、子供返りっていうのかな。
とっても甘ったれになった。
現役バリバリの頃は、喉をゴロゴロならすこともなかったのに、撫でたりするとゴロゴロいうようになったり、
甘えモードに入るとよくやる「ふみふみ」もするようになったもんね〜。
しかも、その「ふみふみ」が速い速い(^^;) 「高速ふみふみ」なのだ。
さすが、やる事が一味違うぴかぴか
続きを読む >>
| がじがじ | 21:10 | comments(4) | - |