スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
後日談。。。
暑いですな〜(><)

何なんでしょうね〜この暑さ晴れ
群馬の方が40度を超えたとか…高熱だしてる体温じゃないんだから( ̄▽ ̄;)
しかも、涼しいはずの北海道までもが猛暑となってるし(TT)
日本はこのまま避暑地なるものがなくなってしまうのではと危惧するお盆でございました。

今年の夏の電気代が怖い今日この頃あせあせ

母もラードになりそうだけど、前回お騒がせしたこの方もラードになる一歩手前・笑

ボクちゃん:『違う意味で具合悪くなりそうだよ…』

ご心配をおかけしたボクちゃん(母のせいともいふ)
切開した翌日あたりまでは今ひとつ食欲が戻らなかったんだけど(傷口がジンジンしてたみたいあせあせ)、徐々にいつも通りの食欲になっていったよ(^^;)
傷口も塞がってきたし、再び腫れる事もないみたい(*^^*)
抗生物質を貰っていたんだけど、一発目で吐きまくり中止。
ボクちゃんは何故か抗生物質(メーカー問わず?)が合わないのか、必ず吐いちゃうんだよね〜(−−;)
肝臓の薬とかは全然平気だったのに…
とりあえず、腫れも収束してるみたいだから良かったよ♪

ただ、問題がひとつ( ̄▽ ̄;)

何だろうね〜ただでさえ怠惰な動きをしていたのに、治療後より一層それに磨きがかかったというか汗



いくら何でもその格好でごはんかよフガー(−−;)
しかも『残り待ち組』もいるし(^^;)


お前もかあせあせ

そんなに食べる態勢もダルイのかいな(^-^;)
傷口が痛いのかとも思ったけど、そういうわけでもなさそうだよなぁ☆
単にダルダルになってるだけ?



そして残りはちゃっかり助六がゲット(といっても殆ど残っていない・笑)

そしてお玉はいつも貰えない( ̄〜 ̄;)っていうか猫用だし?


また、別の日にも…


……あせあせ


おいおいおい( ̄▽ ̄あせあせ

こんなお行儀の悪い食べ方を教えた覚えはないぞ…(脱力)

たまたま自分が寝ているそばにお水があると、そのまま飲んだりするけどさ…
ここまでダラけられるとねー( ̄ー ̄;)
何か傷口とか心配するものバカバカしくなっちゃうよ?
食欲が戻ったのはいいんだけどさっ。
それは嬉しいんだけどさっ。



出た!!

チーム・ホモハート夏バージョン



ホントに…

暑苦しい( ̄▽ ̄‖)

こんな暑苦しい思いをしているボクちゃんだけど、今のところ順調そのもの♪
このまま無事完治すると思われるよ(^^*)(母の切なる希望)

ご心配いただいた皆様、多謝多謝でございますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
| ボクちゃん | 05:34 | comments(16) | - |
ボクちゃんの災難

仰る通りですいません( ̄▽ ̄あせあせ

事の起こりは今から約2週間ほど前…
母とダンナがリビング(というほどのこともないが・笑)で寛いでいたら、マットの上に何だか悲壮感漂う毛の塊を発見。
しかも毛根ごとあせあせ

ダンナ:『これ、誰の毛だと思う?』
  母:『この中途半端な色合いは…ボクちゃん?』


根元は白くて先に茶系のティッキングが入っていたんだよね。
これはボクちゃんのキジ模様の部分の毛だ。
毛根ごとごそっと落ちてるということは、誰かにやられて噛まれ毛ごと引っこ抜かれたってことで…
もちろんその『誰か』って( ̄へ ̄;)


海尊だよ( ̄▽ ̄‖)

いつの間にボクちゃんにちょっかい出したんだ?
一応、ボクちゃんの体をチェックしてみても、傷らしい傷もなくハゲも見つからなかった…その時は。


それから数日後。

換毛期は終わったと思ってたお玉さんの換毛期はまだ続行中だったのでブラッシングをしていたある午後。

玉毛でセーターでも編もうかの?

ついでに(笑)ボクちゃんもとコームを背中に滑らせたら…

ボコン

え?何じゃこれ( ̄□ ̄)汗

右後ろ脚の付け根あたりの背中部分に、やーな腫れが。
触るとプヨプヨしてる…

も…もしかして腫瘍???????( ̄▲ ̄‖)
肥満猫だけに肥満細胞腫?(←バカ)

って一瞬脳裏を掠めたんだけど、次の瞬間には例の毛根ごとの毛を思い出した。
急いでその周辺に傷跡をもう一度探してみると…
あるよ傷が…しかも2個あせあせ
犬歯でガブリと噛まれたらしいよ(−−;)
2個の傷はちょうど犬歯の間隔だし…

傷は塞がっているけど、それが良くなかったんだわな(^-^;)
海尊の最強の口内細菌がボクちゃんの体に侵入して悪さしてるらしい。
海尊もワルだが、細菌もワルだわやっぱ。

海尊に噛まれて膿んだのはこれで3匹目。
1匹目、故がじがじ
2匹目、グレ

双方共、ボクちゃんとほぼ同じ位置をガブリとやられて、やっぱりボッコリ腫れたんだよね〜(^^;)
しかも自力で完治したお二方・笑
ざらざらの舌で傷を舐め、瘡蓋をとり、傷口に大きな穴を開けそこからそりゃも〜すごい量の膿を出しまくった。
マヨネーズみたいなドロドロの膿を出しきって、その後ほどなくして見事きれに完治。
特に薬も何もつけずして、己の自然治癒力のみで治したツワモノ♀猫2匹。

そこで母は考えたひらめき

今回もまた、

傷口から膿をドロドロだして

自分で治すんでないの?



よし、しばらく様子見だな( ̄ー ̄*)








んが!!

母の浅はかな考えは砕け散ったギザギザどんっ

先週の初め、腫れは一向に引かず、傷口は塞がったまま(T▲T)
そして極めつけに、ボクちゃんの食欲がなくなる下向き
暑さからの食欲減退ならまだしも、これは明らかに膿んでる部分の痛みと不快感からの食欲減退だわ…
そういえば忘れてたけど(忘れるな)、けっこうデリケートだったのよねボクちゃんってフガー(−−;)

いつもは夜になるとブニャブニャうるさいボクちゃんも、静かに寝てることが多い。
腫れた部分をそっと触れるだけでも嫌がる素振りをするし(TT)

腫れも小さくなるどころか、大きくなってるような気もしなくもないあせあせ


見た目だけで腫れてるのが良くわかるって下向き

あかん…

明日病院連れて行こう(T□T)




そして次の日…
ボクちゃんには更なる受難が待ちうけているのだった。





翌日の午前中、やっぱり食欲のないボクちゃんをキャリーバッグに詰め込み、ついでにお玉の狂犬病予防注射も済ませようとお玉も連れて一路いつもお世話になってる病院へ自動車

お玉はお出かけするんだと大きな勘違いをしてたけどね・笑
お昼休み前のせいか、たまたま空いていてすんなり診療室へ。
獣医:『お、今日は誰?』
 母:『狂犬病予防注射のお玉と、
    海尊に噛まれて膿んだボクちゃん(^^;)』


膿んでいるという事でまずはボクちゃんから診察。
お玉は診察台の下で待機(この時点で自分も注射をされるとは思っていない・笑)

獣医:『な〜んでもっと早く連れてこないかな〜』
患部を触った瞬間に言われてしまいちた( ̄▽ ̄;)
ええ〜、ええ〜ごもっともでございます汗

思った以上に広範囲に膿が広がっててけっこう酷い状態だった。
今まで、同じ状況のコ達が自分で膿出してたから〜云々といい訳する母(^^;)
ボクちゃんも年だから免疫力落ちてんのかな〜と言うと、それよりも海尊の口内細菌の状態の方が影響しているとのこと。
同じ猫の口の中でも体調によっては(傷があったり、歯肉炎とかの炎症があったり)、強力な細菌になってたりするんだと。
あと、膿と一言でいっても膿み方も千差万別で、自壊し辛いタイプだったらしいよボクちゃんってorz

切開して出すしかないよね…ってことで、まずは本当にこの腫れが膿がどうか注射器を刺してみることになった。
患部を獣医の方に向けて、ボクちゃんの前に母が立ってAHTさんと2人で保定する。
まさか、膿じゃなかったりして( ̄ー ̄;)ドキドキ。。。

ブスッどんっ

注射器に何か液体が逆流する。
そこで獣医がニヤリ。

 母:『えっ汗 膿じゃない????』
獣医:『………んにゃ、膿だよ』

んだよぉぉぉぉ( ̄▽ ̄;)
膿じゃなかったかと思ってドキドキしたじゃないのさ汗

と、いうことでメスで切開して患部に穴を開けて膿をだすことに。
麻酔はなしで切るとのことで、暴れる猫だとカラーを付けるとこなんだけどボクちゃんは多分暴れて噛んだりしないとふんで(ホントか?)、そのまま続行。

ザク…

切った部分を押すも今ひとつ膿が出てこない。
皮膚ってよくできてて傷を塞ごうと盛り上がるらしいよ。
しかも膿も濃度の濃い部分もあってすんなりと出てこない。
で、傷を広くする為に再びメスで切開あせあせ
しかも毛が邪魔なので、小さくその部分をバリカンかけることに。

そしたらば、出てきたよぉ〜ドロドロ、トロトロすんごい量の膿が。
傷は痛いわ、患部を押されて変な液体いっぱい出されるわで、その場から逃げようとするボクちゃんをなだめすかして(押さえ込んでとも言う)我慢してもらう。
ボクちゃんだったから噛まれずに済んだけど、これががじがじだったら流血してたね、間違いなく(^^;)

そりゃ痛いわな〜メスで切っちゃうんだから。
しかも麻酔なしで。
でも麻酔のリスクの方が大きいからね〜年齢も年齢だし。

あらかた膿を出しつくしたあと、抗生物質の液体を注射器で患部に流し込み、最後に空気をパフッと入れて終了。
空気を入れる事で嫌気菌というのが死滅するらしい。
患部には液体が入っているので、患部に沁みわたるまで患部を押したりしないようにとの事。
自然に残った膿やら薬やらが傷口から出てくるので、それを拭きとらねばね。
このまま、膿も再生せずに傷口も塞がれば再診の必要なし。
傷口を舐めないようにするためのカラーもなし。
ま〜ボクちゃんの場合、傷口付近はグルーミングギリギリの範囲だからそんなに心配もしてないんだけどね(^−^;)←酷い飼い主
一応、抗生物質を4日分だしてもらってボクちゃんの辛い一日は終わったよ。

何か心なしかゲッソリしたような・笑
しばらくは患部がジンジンするから、食欲も極端には戻らないだろうけどかなり楽にはなるから徐々に食欲も戻ってくるらしい(*^^*)
良かったね、ボクちゃん♪

そして、ついでに連れて来たお玉に早技で注射をチクン。
お玉はビビリなので、お喋りしながらさりげなく注射を用意して、お喋りしながら和やかな雰囲気のままお玉の背後にまわりお尻に瞬間芸で注射・笑

いつもながらお見事( ̄▽ ̄*)

注射される瞬間も笑顔でへらへら笑ってたお玉が可愛いよ(^^*)
この病院にもだいぶ慣れてきたみたいで、前回よりも余裕だったらしい。
しかも今回はボクちゃんが大変な目に遭ってたのを目の当たりにして、神経がそっちにいってたのかも。
心配そうにしてたもんな〜一応ボクちゃんは群れの仲間だから・笑

気分は付き添い?

次は1週間後にワクチンをしに再びお玉を連れてこないと☆
また、瞬間芸でワクチン打ってもらおうね(*^^*)

そんなお気楽極楽なお玉とげっそりしたボクちゃんを連れてお昼頃帰宅。
ボクちゃんはキャリーバッグからのそのそでて、床にゴロンくるりん
ホッとしたんだろうね〜
案の定、傷口からタラタラと液体が出てたので、押さえないようにしてティッシュで拭きとるもボクちゃんはお構いなし・笑
他の猫達に病院のニオイを嗅がれるも、ボクちゃんはやっぱりお構いなし・爆

で、辛い思いをしただけあって(?)、膿がなくなってすっきりしたのかごはんを要求してきたよ(^^;)

ちょうど、ダッシュがお食事処へ来たので缶詰を用意するついでにボクちゃんにもお裾分けしたらすんごい勢いで食べ始めた♪
相当ラクになったんだねぇ〜( ̄・ ̄*)

ホントお疲れ様(^^*)

今回は本当に母の見通しの甘さから怒ったボクちゃんの受難だったわ(−−;)
すまんよ、マジであせあせ
反省してるよ。
同じ噛み傷でも、個体によって傷の広がり方や治り方が違うって事を学んだよ。
ボクちゃんには辛い思いさせてしまったよ…
ボクちゃんがグレやがじと同じだけの根性がないっては違うって事を学んだよ…
様子見をするのと、病院へ行くタイミングの難しさを身をもって(ボクちゃんがか・汗)知った出来事だったわ。

それもこれも…

かーいーそーん怒りマーク




そうだよっ( ̄〜 ̄;)

君がそもそもボクちゃんとかグレとかを噛んだりしなきゃ〜こんな事にはならんかったんでしょうが( ̄へ ̄;)
その噛み癖なんとかせんかいなっ汗



うっ…あせあせ

はい。
それは間違いのない事実でございます(。。;)

今回はボクちゃんにとっても辛い目にあわせてしまった母だった。
マリアナ海溝より深く反省をしておりますです…

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
| ボクちゃん | 19:36 | comments(15) | - |
ボクちゃん劇場
<春ですなぁ〜( ̄▽ ̄*)
桜も満開だし、色んな花もあちゃこちゃ咲き始めてるよ♪

今年のお気に入り(笑)「花かんざし」
ポワポワっと可愛い花をたくさん咲かせてるんだよね〜(*^^*)


これは前からのお気に入り「エニシダ」。
黄色い花と葉っぱのコントラストが大好きなのだ。

お願いだから虫さんつかないでね(T▽T)

で、先日の出来事。

本当は座椅子なんだけどあせあせ
通常使いをしていたら、背もたれの背面からグレがやってくれるのよ…

シッコをシャァァ汗っと(T〜T)

なので、諦めてこんな使い方に・涙
低反発の座椅子だったので、フラットにして座ってもいい感じではあるんだけどね(^^;)
でももたれることができないので寛げないような…
前の座椅子にはしなかったのにな〜何でだろ(−−;)

とそれは置いといて・笑
テーブルに平行して置いてあるんだけど…

次の朝、見てみると…

おや?( ̄▽ ̄あせあせ




90度動いてないかい?
テーブルに対して直角になってるし…
この座椅子ってけっこう重いんですけど…?

誰がやったかは簡単に想像できるけどね(^▽^;)ノ

1.力持ち
2.寝技が得意
3.この場所が大好き



そう、ボクちゃんプシュー

ボクちゃんしかいないよね〜
こんな重いモノを動かせるの(^-^;)

あ、お玉も動かせるけど、まずやらないし、だいいち夜は寝室で一緒に寝てるからね〜♪

でも、どうやって動かしてるんだろうと思ってたんだけど、この数日後同じような事をやっていたのを目撃!!
何とかカメラに収めることができたような…できなかったようなあせあせ

あんまり凝視してるとやってくれないし(^。^;)
勿体ぶるほどのことじゃないのにさ☆

案外、人目を気にするボクちゃんだったりする・笑
体はデカイが蚤の心臓なのか?

前置きが長くなったけど(大した事ではないがあせあせ

激撮!!!

こうやって配置は変えられた!!!






見てない見てない汗




おいおいあせあせ

もう飽きてきたんでしょ?





未完結かいどんっ( ̄□ ̄;)

ホントしょ〜もない劇場だったね( ̄ー ̄‖)
また来週はないね…下向き
つまりは、あの勢いでそのまま動かしたっちゅ〜ことで・笑



次回は暴れん坊海尊に登場してもらおうかな〜(^^;)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
| ボクちゃん | 21:11 | comments(20) | - |
ぶにゃらん星人
ずいぶん前に動物を飼っていない友人から言われたことがある。
「あんた、まさかペット相手に会話してないでしょうね」

。。。。。。?

「え、してるよ、もちろん」と母。
「あんた、それじゃテレビに向かって独り言いってるのと同じだよ」と友人。

えーーーーっっ、そうなの?
ふつーに会話するよね〜〜〜上向き
するよね〜〜〜。

そっかぁ、動物と接点のない人はそういう風に感じるんだぁ。
テレビと動物は一緒かいな(^^;)
彼女は別に批判するでなく、バカにするでなく、ホントにナチュラルに言ってのけたんだから嫌味ではなかったけどね。

うーん、色々だな、人の感じ方って。
…と思ったものだった。

猫はよく喋る。もちろん犬もよく喋るんだけど、特にうちの猫は本当にお喋りなんだな。
(うるさいとも言う)
シャム系のこはホントに声もデカイ。
ボクちゃんとグレがそうだ。

ボクちゃん:「えーそういう話題で登場するの〜?」


グレ:「気に入らないわねー怒りマーク

この2匹、シャムの血が入っているらしい。
ぱっと見はただのキジシロと公家柄なんだけど、実はチビッチの頃は真っ白だったのだ。
成長と共にそれぞれ模様がでてきたんだけど、ホント最初は真っ白だったんだなぁ。
(母はボクちゃん&グレのチビッチ時代を実際は知らないんだけど、写真を見る限りそうだった)
ついでにボクちゃんは、成長とともに体重も成長して、模様も広がったりしてる汗

シャム猫って声が大きいというけれど、まさにそう!
グレもさることながら、ボクちゃんの声のデカイこと、デカイこと・笑
しかも
「にゃぁ〜〜んラブ」とかじゃなくて

「ぶにゃああああん」

「ぶににゃら〜〜〜ん」
だもんなーあせあせ

寂しいときなんて、ホントにうるさいんだよね。
しかも、お玉のお気に入りのおもちゃを咥えて、彷徨いながら吠えてるし汗

体もデカイが、声もデカイってのはどうなのよ(^^;)
ついでに、うん○も犬並みで…(関係ないか・笑)
態度もデカけりゃ、お尻のあ○もデカイあせあせ(これも関係ないか)
でも、土壇場にはノミの心臓になったりもする(><)

ボクちゃん:「なんかさー言いたい事言ってない?」

ははは(^。^;)

でも、いい所もいっぱいあるのよ。スプレーするけど(−−#)
ボクちゃんの最大の長所は人懐っこいところ。
初対面でもまず甘えにいくんだよね。
だから、うちではボクちゃんは「営業部長」と呼ばれてたりもする富士山
ホントに愛想がいいから、最初は一番人気になるんだよね。
最初は…

そう、最初だけ…

人懐こすぎてすぐ飽きられたりする欠点ありなボクちゃん。
ま、これはボクちゃんに問題があるんじゃないけどさ・笑

あと、新参者に対して割と心が広い。
最初に接点もつのがボクちゃんだもんね。
助六&揚巻然り、業平&雪姫然り、海尊然り…  お玉のことも一番最初に慣れたかな(*^^*)
ほらーいい奴じゃん♪

そう、ボクちゃんはいい奴なのだ。スプレーするけど(しつこいあせあせ)。
体型からして、いい奴っぽいよなー・笑

ボクちゃん:「誉めてんの?けなしてんの?」

両方です(^▽^)もちろん♪
ボクちゃん、そんな君が大好きだよ。腹枕気持ちいいしねハート大小

そんなボクちゃんに愛をくださいぴかぴか
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
| ボクちゃん | 23:52 | comments(8) | - |
正式名称 「ボクちゃん」 (♂12歳)
やっと登場(^^;)
長男なのに、かなり後出しになってしまった。
我が家の長男にして、癒し系(たまにストレスになる・笑)
正しいソファの使い方1
名前は「ボクちゃん」、「ボク」ではない。
ダンナの連れ子そのい1で、母が会ったときは既に巨大だった富士山
しかもかなり、人懐こい…そして人懐こいが故に
すぐ飽きられるあせあせ
惰眠 ボクちゃん
みんな同じ環境で生活しているのに、どうしてこんなに性格が違うのか。

獣医さん曰く
性格は、犬は6割環境、4割血、猫は1割環境、9割血
だそうです。
妙に納得してしまった。
ボクちゃんの両親は、きっと穏やかでのほほ〜んとしていたのでしょう日の出

そうそう、ボクちゃんは獣医さんに「こんな犬並みの肛門した猫は初めて見た」と言わしめた経歴もあります(><)
| ボクちゃん | 12:24 | comments(1) | - |