スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
グレのストレス
グレのストレスが深刻だ。
気がついたのは3日前。

グレは人の近くが一番好きなんだけど、海尊の野郎も人の近くが好きだから中々思うようにいかないのが現実で。。。

いつもの様にグレがテーブルの上でグネグネしていたのを、ボケッと見ていた母。
「なんか、グレ痩せた気がする…特に足のあたり…」
ちょっと貧弱な足になったような気がしたんだけど…

!!!
「何これ…!」 母は目を疑ったよ。

↑かまって欲しくてグネグネするグレなんだけど…あせあせ


大腿部の毛がはげてる…!


いつの間に?
明らかに毛づくろいのしすぎによるハゲ…
どうして気がつかなかったの?
こんなに広範囲なのに…(TOT)
ライトの下で初めて気がついた事実。
グレの地肌は毛の模様と同じなのも発見を遅らせたのかもしれないけど…

それにしても、広範囲すぎる。
よくみると、腕の部分も毛が薄くなってるし…(ーー;)

シロぴんとゆきんこに気をとられ過ぎた罰だ。
グレだって、いいや、特にグレはかまって欲しい性格なのに、
ハウスで大人しく寝ているのをいいことに放っておきすぎたのだ。
母の責任。
グレの性格をわかってて、病気の子を最優先にしてしまったから。

ごめんよ、グレ。ホントにごめん。

そう、グレは最近気が弱くなったというか、海尊はもとより、ボクちゃんや黒助などにもちょっかい出される事が多くなったんだよね。
それに対抗できないというか…
それが、すごいストレスになっていったんだと思う。

あーーーーっっ(><)ごめんよ〜今は謝ることしかできないよ。

とりあえず、ハゲに気づいてからグレを人一倍かまうようにした。
夜は寝室で一緒に寝るようにした。
(グレはぴったり母やダンナにくっついて寝てる)

他の子よ注意だね。
ちゃんと個別に様子をみるようにせねば。
平気そうなのはパッと見なだけで、実は辛い思いをしている子もいるかもしれないね。

グレの毛が綺麗にもとに戻りますように…
心が元気になりますように…

グレ、愛してるんだからねハート大小

↑またこの格好がね、わかりずらくするのよ…

海尊、お願いグレを苛めるな〜汗

海尊:「っってもなー体が動くんだよね〜」


はぁ。。。
海尊がいじめっ子を卒業できますように…
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

| グレ | 23:40 | comments(8) | trackbacks(0) |
グレの居場所。。。
あいかわらず、グレさんはチッコマン...いや、チッコウーマンなのだ(−−;)
これは毎日の攻防なので、辟易してしまうことではあるんだけど、
グレがスプレーをしてしまう原因というものもあるんだと思うんだよね。

元々、マーキング野郎だったらしいんだけど(ダンナの連れ子)、
そりゃもう酷かったらしい(^^;)
ベッドとかにも平気でしてたらしいから、ベッドマットに大きなビニールを敷いたりしていたらしいのだ下向き
ニャンコのチッコは本当に凝縮されてて臭いからね〜さぞかしたまらんかったでしょう☆

ところが、シロぴん&黒助が家族に加わってから、ぴたっとスプレーが止まったらしいのだ。
確かな理由はグレにしかわからないんだけどね。
新しい猫がきたら尚更ひどくなりそうなのに、スプレーがおさまるなんて(^。^)
不思議な猫だ...
グレ ソファでいい顔01
それが、再びチッコマンもといチッコウーマン(しつこいあせあせ)になったのは
ゆきんこ&なりんこを家族に迎えてからなんだよね〜
何が気に入らなかったのか本当に悩んだよ...
なり&ゆきは片目なんだけど、それが原因かとも思ったもんだ。
本能で弱者を排除することがあると何かで読んだので...
グレのこの2匹に対する執拗ないじめ?は、今の海尊のそれと同じくらい酷かったのよ。

それが、海尊がやってきて形勢逆転...
グレがやられる羽目になったのだ。
グレのスプレーはよりエスカレートしてしまったんだよね。
しかも海尊とグレは、とーっても甘えん坊で母やダンナの場所が大好きときたもんだから、余計ストレス抱えるし汗

↑ホントにこんな感じよ・苦笑

そう思うとね、スプレーしても怒れなくなったのだ。
いや、そりゃ〜たまにはプチッとくることはあるけどね(^^;)
むかっ腹がすぐ収まるというか...なんかね〜☆
愛情をかけてもらいたいんだよね。人一倍。。。

とーっても可愛いのよグレもラブ

そこんとこ分かって欲しいもんだよ、グレ。

↑必ず、どこかにタッチしてたりする(^^;)

あれだけ好き放題やってたんだから、負けるなグレ上向き

スプレーもしても...いい...よ.........(T▽T)

それであんたの気が済めば・涙

最近はね、グレタイムと銘打ってグレだけ寝室に入れて一緒に寝てるんだよね♪
それが嬉しいらしく、母とダンナの間をゴロゴロ言いながらウロウロ…ウロウロ…
グネグネ、グネグネ…笑

今は、寝室がグレの一番寛げる
場所みたい(*^^*)


ただし、寝室でスプレーしたらそく退場願うんだけどね(−。−)
ボクちゃんはそれで退場させられた事がある。。。
| グレ | 18:43 | comments(6) | - |
グレ (12歳♀)
グレ
ボクちゃんの兄妹。

ずいぶん成長度合いがボクちゃんとは違うのよね(^^;)
大きさもさることながら、模様も全然違う。
なんかマーブル模様みたいな感じで、「公家柄」というらしい。

ダンナの連れ子で河川敷に捨てられていた。
本当は3匹いたのだが、1匹は保護してすぐに神様が連れていってしまった。
目も開かない本当にチビッチで、3匹団子になって絡み合っていて一見1匹から手足があちこち向いて出てるようだったらしく

「奇形だぁ〜( ̄□ ̄‖)

…どうしよう」

ダンナはかなり躊躇したって言ってた。

でも奇形だからこそ保護しなかったら死んでしまうと思い、一度帰宅したのにもかかわらず再び戻り保護した経緯がある。

ちょっと尊敬したよぴかぴか…ちょっとだけね・爆

ペットシッターとかをうまく利用して何とか育てたらしい。

兄妹なのに、こんなに違う。
一応、ボクちゃん曰く
「チビちゃん(死んでしまった子」の分まで大きくならないとね〜」だって(^^)
ボクちゃん01
↑よくいるキジ白あせあせ

共通点は瞳がブルーのところと、とっても甘ったれなところと、
そしてギザギザ

シッコマンなところむかっ

9匹いるニャンの中で、スプレーするのはこの兄妹だけ(--‖)
女の子だというに、シッポ立ててプルプルッと真後ろにスプレーするんだよね〜(TT)
「上手ね〜♪」なんて言うほど心広くありません母は。

ボク&グレのチッコのお陰で何度ブレーカーが落ちたことかどんっ
とてもとても危ないので、コンセントにはカバーしてありますわよフガー(−−;)

あと 裏シッコも得意なんだよね。
カーテンの裏に廻ってチーっとするの。
この前も何気にカーテンの方見たら、ジワーッと何やらシミのようなものが浮き上がってくるではないか…

ん?( ̄。 ̄;)そして、その直後

「るるるるるるぅぅぅ…」

しゅたっ…とグレが☆


うっ…
うぉーーーーーい!!(T▽T)


…我が家ほどカーテンを洗濯する家も少なかろうよ。いや、ほんと。

だから寝る前にウチではカーテンをフルオープンにしているのよ〜
これじゃ逆に泥棒さんも入れまい(^.^;)←ま、入ったところでお玉に吠え立てられるだけだけどね。
しかも盗るものないし…(これ重要)

そして、これはdowndowndownグレの天敵・怪獣海尊
ながっ 海尊

昨日の夜中もやらかした爆弾
しかも酷かったギザギザどんっ
母は寝るために寝室にいたので現場は押さえられなかったんだけど
すごい叫び声。
いつも小競り合いはしてるんだけど、グレは身軽なので捕まる前に自分のハウスに飛び込んでセーフなのに、この時は油断したのか海尊の攻撃を交わせなかったらしい。
毟られた毛と飛び散ったシッコと何故か参加していたお玉の姿が…(^^;)
参加するといっても咬んだりするわけではないのでいいんだけど。

止めんかい、お玉あせあせ

海尊もグレに関しては容赦がない。
だいたい新参者(もう5年になるが)のくせに態度がデカイというかアホというか。
相性最悪で、ちょっと深刻かも。
ボクちゃんもたまに標的にされるが、最近はほとんどグレ一本になってる。
グレの何が気に食わないのか本当にわからんマル秘

前もグレが海尊に攻撃されて、咬まれたらしく背中が膿んでしまったことがあった。
結局、病院にいく前に傷が破裂して、滝のように膿があふれ出てきて、あまりの臭いに母がゲバしそうになったよ。
でも膿がでてくれたお陰で傷は治ったんだけどね。
恐るべし海尊毒(><)おそろしや〜〜〜汗

…っていうか早く気づけよ、自分。

猫の固体によっては口内細菌がメチャ強烈な子もいるとのこと。
猫ひっかき病なんて、そういう猫に引っかかれたりするとなるんだろうな〜

このこともグレがスプレーをしてしまう要因の一つなんだろうね…
あくまでも一つだけど。

あっ、もちろんとっても愛しいところも沢山あるのだ(^^)v 
独占欲が強くて母やダンナを独り占めしたい願望がすごいんだけど、
反面、母性本能もとーっても強かった♪
数年後、拾ってしまったチビッチ2匹を育てたのよぴかぴか
保護して一番心配だったのがグレだったのに(ヤキモチとかが)。

最初こそ「何これ〜怒りマーク」だったものの
チビッチの「み〜〜〜っ、み〜〜〜〜っ」
(腹減ったよ〜、ミルクくれよ〜)
の声に母性が むむむむ…っと湧き出たのか、いつの間にかチビッチ達を懐に入れて温めていたのだ(TT)。
これには泣けたね〜母は。
シモの世話もしていたし。
母がご近所さんにチビッチをベランダ越しに見せていたら、
網戸越しに「返せ〜返せ〜あたしの子に何すんのよ〜っ・怒」って抗議する始末。

そして誰が教えたのか、ちゃーんと子離れの儀式も見事にやってのけたし。

野性の本能って凄い

グレ サンスベリア
「あの頃は評判よかったね〜」と言われることの多い、
元・母グレ
| グレ | 12:33 | comments(12) | - |