<< 2008年でござる | main | お帰りダンス再び >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まだまだ続く、色んなことがぁ
JUGEMテーマ:ペット


あっという間に1月も下旬あせあせ
今年に入ってまだ1回しかブログ更新してなかったよ〜ん。
昨年以上に更新が遅いという話も…( ̄▽ ̄;)えへへ。

雪…降りそうですな〜( ̄ー ̄*)
めったにお目にかかれない雪が大好きな母。
もしかしたら、今日のお玉のミッドナイトクルージング(散歩)中に雪が降ってくるかもね〜♪
(でも、明日お仕事の方は大変か… −−;)


あ、ガタピシ号は今も元気に走っておりやす・笑
日帰り入院で無事リアガラスも復活ぴかぴか
お陰で、駐車する時やたらとバッグばかりが気になる…
(ということで今度はフロントが危なかったりして汗



そして、年末病院へ駆け込んだ助六も元気だよフガー(^^*)

母も君を連れて行くのはイヤ(−−;)うるさいから…

んでもって、一緒に駆け込んだこの方…


再び血尿(T▽T)

再度、病院へGO〜汗
しかもエコーで膀胱内をみると、膀胱壁から変なきのこ状のもこもこがっ( ̄□ ̄‖)ガーン

何だろな〜何だろね〜
血ぺい?…それとも腫瘍?

腫瘍?(T□T)

…ということで、三度注射を打たれて翌日再診要 orz

再度エコーで件のきのこ状のブツが残っていれば、膀胱内の造影をせねばならぬとのこと。
造影をするにあたり、膀胱内にカテーテルを挿入することになるんだけど、大人しい猫なら鎮痛をかけずにできるんだけど、シロぴんが暴れん坊だったらあせあせ

ここで問題になるのが麻酔(−−;)
前回、口腔内の手術をした時、麻酔をかけられるのは最後になるって言ってたんだよね。
年齢的にもラストかと…
今回造影をするにあたってもし麻酔をかけてうまくいったとしても、万一、腫瘍なんぞを発見して手術が必要になったとしたら、また麻酔…
最悪、2回麻酔が必要になるんだわ( ̄_ ̄;)

次はないって言ってたのに、2回も???

麻酔の怖さって、麻酔をかける時なんだって言ってた。
うまく麻酔をコントロールできれば、醒めないってことは稀らしい。
だから毎回麻酔をかける時が何より一番緊張するって獣医が言っとったよ。

麻酔のリスクが高い…でももし腫瘍だった場合、切除しなければどうなる?

フガー(−−‖)

どうするよ…シロぴんさんよ




とにかく、翌日のエコーの結果次第ということだわね。
最悪、腫瘍だったことを想定して造影するならば多少(かなり?)痛かろうが無麻酔でやるとのこと(^^;)
これは、何がなんでも膀胱内の怪しいブツは血ぺいであってもらわねば( ̄・・ ̄)
血ぺいであれば、チッコと一緒に流れでて膀胱内に怪しいブツは消えてなくなってるはずなんだけど…



はたして翌日。
施術する可能性を考えて、診察時間終了間際に行く事に。
いや〜、さすがのシロぴんも抵抗したね〜キャリーバッグへ入るの・笑
年末にも続けて行って痛い注射されて、また年始に続いたもんだからね(^-^;)
でもここは心を鬼にして連行( ̄へ ̄;)


診察台にしがみつくシロぴんをなだめてエコー。
結果はいかに???

ドキドキ。。。


獣医:『お♪無くなってるじゃん♪』

母:『( ̄▽ ̄*)』


ぴかぴかぴかぴかセーフぴかぴかぴかぴか

どうやら血ぺいだったらしい(T▽T)ホッ
怪しいブツは消えてなくなってたよ♪

ということで、造影は無し(^▽^*)
痛い思いをしなくて良かったねぇ〜シロぴんかわいい

とはいっても、膀胱炎がなかなか完治しないのも事実。
今回はちょっと長期に薬を飲む事になったよ。
ご飯に混ぜて一日一回飲ませるんだけど、これがなかなか苦い(まずい?)らしく今まで平気で薬入りを食べていたシロぴんがちゃんと完食してくれない(TT)
ちゃんと飲んでくれないと困るんですけど〜(−−;)

まだまだ油断できないシロぴんの膀胱炎であった…

よもや、年明け早々2回も病院のお世話になるとは。
いやはや…
やっぱり今年の寒さも関係してるのかもね。
ということで、早速シロぴん専用のベッドを購入したわよ(^^;)
いつもいる出窓に設置。
母の大好きなイエローグリーンのふわふわモコモコのベッド♪
きっと気に入ってくれるはず( ̄▽ ̄*)うふふ。


え?グリーンじゃないって?( ̄・ ̄;)

いえいえベッドはきれいなイエローグリーンなんですわよ。
せっかくのベッドの色と質感を感じることができないくらいにたっぷりとかかっているフリース毛布…
それには悲しい?ワケがあるんでございまする。

そのワケは…

シロぴんの口はくちゃい(><)
口腔内がズタボロなので(手術をしても完治はしないから仕方ないんだけどね)とにかくくちゃい。
その臭さがここのところより一層増してると思ったら…

犬歯の根元が腐ってきてて(!)、その腐った部分からくちゃ〜いニオイがしてるわけよ。

つまりは、シロぴんのヨダもくちゃい・爆
めちゃくちゃ臭い( ̄〜 ̄;)

はっきり言ってそれはンコのニオイに近い。

ンコ臭いヨダって…あせあせ

いえいえ、文句はありませんが(^^;)

みなさん、機会があったら是非ニオイを嗅いでみてください。
気絶するかもしれましぇん・笑

よって、このフリースはンコ臭漂うヨダ防止の為のものなのだ。
ベッドについたら洗うの大変だし?
ちょっと拭いたくらいじゃニオイとれないし?

フリースにヨダがついてンコ臭が漂ってきたら、ちゃっちゃと洗えばいいからね(^^;)
ちとサイズが大きすぎる気もしなくもないが(元々お玉用に購入したものだし・笑)、小型用のフリースだとこうなっちゃうdowndowndown

ベッド本体がかなり出てて、そのあたりがヨダ危険地帯となる・笑

これじゃあんまり意味な〜し( ̄▽ ̄;)あはは。

シロぴん自体はフリースがすっぽりかかっている方が温かいからいいみたいだけどね。

気兼ねなくおヨダをつけて下され。
洗い替えはたんと用意してありますので・笑
毎日、毛布が洗濯される我が家あせあせ

でも何だかんだとこのベッドが気に入ったらしく、ほとんどこの場所で過ごしているシロぴんだった…
ベッドの下にはペットヒーターがついてるから、そりゃも〜温かいでしょうよ(^^*)
でも、あまりにも温まりすぎるとカーテンの奥へいって涼んでたりしとるよ。(我が家では大奥と呼んでいる・笑)

好きにしておくれやす(*^^*)

大事にしてるじゃんかよ〜( ̄・ ̄*)

しかし、高齢化してくると今まで平気だった環境に対応できなくなってくるんだろうね。
シロぴんだけに非ずだわよ。
ホントに気をつけないといかんね…我が家の猫族はジジババばっかりだし・笑



寒いこの冬はより一層『寝子』化する我が家のネコ族。

海尊さん?

反対側からのぞいてみると。。。

顔だけ潜っててもね〜(^^;)

海尊は寒がりなくせにお友達が少ない(というか殆どいない ^^;)から団子になって一緒に寝たりできないのが悲しいところ。

でも、前に微妙な団子を形成してたことがあったなぁ。

これも5団子?(^^;)

あとこんなのも…

どっちが先に寝ていたのかは不明

お玉も何気にいたりして…
しかも黒助と同じ格好で寝てたりする・笑

犬も猫も同じ寝方するんだよね〜(^^*)

そして『寝子』化してるのはネコばかりではない。

人も同じなのだ(特にダンナ・笑)

グレの目が若干冷めてるような?

まだまだあるんだな〜( ̄ー ̄*)


寒かったんだろうねフガー(−−*)


なぜ平気?なぜ眠れる?

ボクちゃんが乗っかってたことさえわかってない?・笑


平和じゃのぅ〜( ̄・ ̄*)あんたら…


お玉はお正月休み過ぎてから大変だったもんね


そう…お腹空いて…


どうしてそんなに

お腹が空いたのか?




はい、察しのいい方はもうおわかりですね( ̄ー ̄)汗



新年、初ゲリPにつき絶食下向き
しかも2回も(T▽T)

我が家は例年しっぽ用おせちを作るんだけど(といっても大したもんじゃない)それをたらふく食べて、普通のおやつも沢山食べても平気だったのに何故か中旬になってから急にお腹を壊したんだよね(−−;)
年末年始の暴飲暴食が今頃になって響いたのかいな?

しかもダンナの仕事を朝お玉と一緒に見送った時までは前兆も無かったのに、その後30分だけ寝室で母が2度寝した間にダンナの座布団に(←ここ大事)大量の下痢Pをぶちまけてあったんだよね( ̄▽ ̄‖)
お玉はトイレは外派だから室内でするのは非常に本人も遺憾であったろうに我慢できなかったほど切羽詰まった状態に突然なったんでしょうな。

しかもどこでするか散々迷った挙句、ダンナの座布団の上をトイレと認定。
もちろん、そこだけが汚れていたわけではなく、ホカペカバーの上やら床やらにポタポタとブツが落ちていたから、迷って迷って歩き回ったサマが見て取れたよ。
それにしても、母の座布団ではなくダンナの座布団にするあたりが可愛いよ・爆

自分の場所は死守するという知能犯(^^;)
でも結局ぜ〜んぶ洗濯したんだけどね。

この粗相ばかりはもちろん叱ることはない。
しかも突発事項だったからね。

この日のご飯はもちろん抜き。
お腹を壊したら絶食するのが一番なんだわ。
下痢をするってことは体から出さなきゃいけないものがあるからで、無理に止めることはしないでとりあえず全部出し切ってもらう。
水は脱水すると大変なので飲みたいだけ飲んでもらうけど。

これが多頭飼いメンバーのお玉には辛い。
何でもない猫族はもちろんご飯を食べるわけだからね〜(^^;)
『お腹壊したから我慢しゅる…』なんて思うはずもなく…
まして、ニオイのいい猫のごはんはお玉の食欲を刺激するわけで…

辛いよね〜(><)

わかっちゃいるけどここは我慢をしてもらったよ。

ごめん、ごめん汗

その甲斐あってか、翌日には下痢はおさまりすぐに通常生活に戻れたよ。
絶食の後の乳酸菌入りのご飯(我が家はおじや主体たまに生食)は効果テキメンだわ(*^^*)


そんな安堵も束の間その数日後、
つまり昨日なんだけど再び悲劇が( ̄▲ ̄;)


朝、ダンナが散歩に行ったときは全然うんPもせずチッコだけだったのに昼前異変が起きた。
ご飯を食べてしばらくして、母にやたらと笑顔を振りまきそしてシッポをフリフリ♪
母が動くとお玉も動く。

なーんか変あせあせ

まさか?まさかね(^−^;)

お玉を呼び、お座りをさせて後ろ脚に触れてみる。
ん〜震えてないな〜( ̄へ ̄;)
お腹壊してると脚がぷるぷるしてたりするんだよね。
しかもダンナが散歩行った時は平気だったわけだしな〜なんて希望的観測をしてみたり。

それでもお玉は笑顔全開で母についてくる。
ためしに玄関の方へ行ったらすごい勢いでドアの前まできたよ。

決定( ̄▽ ̄;)

即効、上着を羽織りうんP紙とビニールを山ほど掴み外へGO!!
案の定、再び下痢Pだったよ(TT)

今回はすぐに原因が特定できた。
原因は前日にあげた牛皮…つまりはガムね。
消化不良を起こしてPしたらしい。

そういえば、お玉は牛皮に限らず豚、ラムのガム系はあまり得意ではなかったんだったあせあせ
すまんお玉…忘れてた母が悪かったよ(−−;)

う…汗
仰る通りでございまするm(_ _)m

不幸なことに、その日は外出せねばならなかったので一抹の不安を残しつつ午後から出かけたんだよね。

で、夕方ダンナと一緒に帰宅。







ぐ…ぐざい( ̄▽ ̄‖)


しかもお玉、出迎えに来ず・笑
さ〜て今度はどこにしてるのかな〜(ヤケクソ)
うっかりPを踏まないように気を付けつつ見渡すと…

トイレに認定されていたのは

キッチンマットだった・涙

いいんだけどね(T〜T)
フローリングに、再びホカペカバーにと、あちゃこちゃ汚れてたけどさっ。こればかりは仕方のないこと。


部屋の隅には困った顔のお玉・笑

落ち込まんでよろしい(^^;)

こういう時、ホントに気の毒になっちゃうんだよね。
だからお玉をなぐさめつつ後始末をするのだ・笑
お玉は全然悪くないからね(*^^*)

それにしても何故にキッチンマットだったんだろう???
どうせだったらフローリングにしてくれたら掃除も楽なのに・笑

もちろんこの日も絶食とあいなったプシュー
それでも帰宅してから3回は外にダッシュしたかな〜(^^;)
その度に脚とお尻付近を洗わなきゃいけないからお玉も人も大変だわよ。
お尻の毛にPがつくとホントに臭い臭い(><)
無駄に長いお尻の毛が仇となるプシュー

そんなこんなでお腹が減りまくりのお玉さん。

今後は重々気を付けましゅ(−−;)
今日からお玉は無事ごはん復活♪
お腹に優しいおかゆだったけどね(^▽^*)
(白がゆではなく、弱った胃腸に優しい玄米パフとクスクス、鮭、もやし、レンコン、おかひじき…そして病中病後におススメの栄養スープのトロトロおかゆだよん♪)

もちろん即効完食・笑(しかも足りなさそう・爆)
下痢Pもストップ。
良かったよぉ〜(T▽T*)

肝に銘じとくよ…おやつを任せはしないけど


しっかし今年も色んな事が起こる我が家だわプシュー

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ
| 共に生きるっ | 20:42 | comments(25) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |
「ストラバイトの運動療法」を発明し、『出てますか?弱酸性尿』を書いたDr.中島健次(獣医師)です。頻尿・血尿・排尿痛・排尿困難・排尿時の不審動作など膀胱炎らしき症状が細菌感染によるものなら、抗生物質が効いて3〜5日以内に治るはずです。もしも治らなければ、1.運動不足、2.野菜・果物(アルカリ性食品)、3.ホットカーペット(電磁波)、4.可愛がり過ぎ(交感神経弛緩)などによる「膀胱炎モドキ」かもしれません。思い当たりましたら、私のHPに目を通してみてください。
http://www4.ocn.ne.jp/~ken2/bokoen.htm
| Dr.中島健次 | 2008/01/21 8:54 AM |
しろぴんちゃん、良かったね〜(ToT)
しかし注射でもこもこきのこがなくなるって?どういう事?すごいんですね。

して、お玉ちゃん…お気の毒様でちた。
ウロウロトイレ探してたのね〜と想像すると
切なくなるのよね〜(>_<)
「もぅガムはいらないでつ」お玉心の声
hanaは風呂場でPしてました…ナイス選択に感心。
| kyonk | 2008/01/21 3:03 PM |
麻酔のリスクはなんとか解消されないもんなんだろうか・・
仕方ないっつぁー仕方ないんだろうけどね。
シロぴん姉さん、年々症状が痛々しくなってるようですね。でもこうやって少しでも快適にしてくれる優しいの〜♪さん一家と一緒で良かった(*^。^*)
・・・それにしてもご主人ツワモノ!
猫が百匹乗っても大丈夫〜♪←分かる?
お玉ちゃん、お腹ピーピーなのね(ーー;)
あったかくしてすごすんだよー!
| 山里 | 2008/01/21 3:16 PM |
相変わらず忙しそうなの〜♪さん。
そして心の広いの〜♪さん。

ウチもお正月に病院行ったの。
kaiのお腹を触っていたらしこりがあったから。
結果、脂肪だったんだけど、心配した〜。
シロぴんさん、手術にならなくて本当に良かったね。

お玉ちゃんもぴーぴーになっちゃってかわいそうに。
いつでもトイレに行けるわけじゃないから切ないよね。腹巻する?
| naichan | 2008/01/21 6:42 PM |
お玉ちゃんだけ厄落としは今年に入ってからになったのかな。
粗相をしたときの申し訳なさそうな様子は余計に可愛さが増しますよ。

シロぴんさん、手術にならなくてよかったけど
年のこともあって気が抜けませんね。
| カイパパ | 2008/01/21 8:08 PM |
シロぴん、もこもこキノコが消えてて良かったね。
ヨダレ防止でゴージャスなあったかベッドで眠れるし(笑)
お玉ちゃんはお気の毒様。
でも、一生懸命ガマンしたんだもんね。暖かくして、あんまりオヤツとか食べちゃダメよ!
そしてパパさん。
・・・笑えませんよ、私は。入眠前にニコが乗っててもそのまま熟睡できる女ですから!当時は7キロあったし。
だからボクちゃんも、乗ってもよくってよ〜(爆)
| にこまる★ママ | 2008/01/21 11:11 PM |
わーん!麻酔せずにすんでよかったよぉ〜!
しかし、笑いありどきどきありの贅沢な記事ですね。
旦那様とにゃんこたちのくだり、笑いまくりました。
| モモマルル | 2008/01/22 6:28 AM |
お玉ちゃん、お腹大丈夫〜?
ピーはつらいよね。
あちこち点々と落としちゃうのも仕方ないもんね。
座布団を掛け布団代わりにするなんて〜!
パパさんそれでも暖かいのかしら(笑
ウチのオヤジは雪かき用のコートを膝掛けにして座椅子で寝てるけど(笑

ンコ臭のおヨダに興味津々だわ〜。
どんなにほひなのだろう(爆
犬も猫も人間も、どうしても年齢によっては体調壊しやすくなるものね。
お大事にして下さいませ。。。
| ビンぞう | 2008/01/23 12:14 PM |
助六ちゃん、元気になってよかった。
しろぴんちゃん、はらはらでしたが、まだまだ大変ですね。早く良くなりますように♪
そして・・お玉ちゃん♪これまた大変でしたね〜♪
ガムが苦手な子って結構多いみたいですね。

何か悪いことをした時は、なかなか出て来ないんですよね〜。いじらし〜っ♪我慢したんだけど〜っ怒んないでね〜って♪
家のきろろは、本当に悪いことばかりですが・・・

しろぴんちゃんのお口の臭い・・わかりますよ〜。
家のしっぽ達も二歳の子以外は皆臭い!
猫の歯磨きはむずかしそ〜だし。

平和な寝姿、和みますわ〜♪
| きろろの母 | 2008/01/23 5:31 PM |
お玉ちゃん大丈夫ですか????
ピィピィって自分でもどうにもなら無いからこっちも怒ってないのに
本当申し訳ない仕草をしますよね・・・。
もう良くなってると思いますがお大事にね。

パパさん本当に優しいですよねぇ〜♪♪
みんなパパの上に乗っても横にいても怒られないって分かってるから集まるのねっ(*^-^)ニコ
| きのと | 2008/01/24 6:21 PM |
あらら グレーは助六ちゃんじゃなくてしろぴんちゃんであられましたか…sigh
後学のためにお聞きしますが しろぴんちゃんの犬歯は抜いちゃダメなのかしらん
麻酔の危険があってダメなんですか?(すみません 無知で・汗)
お玉ちゃんはお腹が弱いのね〜
笑顔で訴えるというところがカワイイ&切ないわ〜
フローリングでしてくれるとホントいいですね
でもフローリングって区切りないですもんね
一応区切りのあるところを選んでしてくれてるんでしょう・笑
それにしても…人猫団子(!?)羨ましいほどの光景でございます〜

| タロウの母 | 2008/01/25 3:06 PM |
お玉ちゃん大変だったのね〜(> <)
でも調子が回復してきて良かったです
しろぴんちゃんも口腔内が弱いんですね
我が家のチビ子さんもミニ男も
すぐに歯肉炎になっちゃうので
歯は殆ど抜歯してしまいました。
ミニ男の口もちょっとクチャイです(> <)
でも、抜歯の時の麻酔がやっぱり一番恐いです
これ以上悪くならない事を祈ってます。
多頭飼いしていると楽しさ倍増♪♪だけれども
心配事も×頭数分になっちゃいますものね(- -)
| sakuramama | 2008/01/25 9:22 PM |
血尿に腫瘍疑惑に下痢P・・・
私だったら胃に穴があいちゃうー!(か弱いフリ)
しろぴん、とりあえずセーフでよかったね(´▽`)
お玉ちゃんは大丈夫〜???
寒いから冷えちゃったのかしら(私がそうだから・・・笑)
お大事にね♪

| ももママ | 2008/01/25 10:09 PM |
◆kyonkさんへ
ひゃ〜な亀レスでつ(^^;)

もこもこきのこは結局、出血でできた血ぺいだったってことみたいです。
だから、出血を止める注射で傷が塞がって血ぺいがペロリと剥げたみたいですよん。

hanaちゃん、お風呂場でちゃんとしたんだ〜えらい( ̄▽ ̄*)
お玉は風呂場が基本的に嫌いだからなぁ〜(洗われる嫌な場所・笑)
今はもう完全復活で、おやつ星人になってます(^-^;)
| の〜♪ | 2008/01/28 3:52 PM |
◆山里さんへ
亀レスです〜〜〜(^^;)

麻酔のリスクってホント困りますよねぇ(−−;)
年齢と共に内臓にも何らかの疾患がでてくるから余計なんでしょうねぇ( ̄・ ̄;)
…確かにシロぴん年々病院のお世話になる回数が増えていってますよぉ(TT)
でも、今の所何とか踏みとどまってくれているので、このまま頑張って欲しいです(^^*)

ダンナ…いっつもああやって寝てますよ・笑
誰が乗っても平然と寝てるあたりがすごいですよね〜
本人曰く『疲れてるんだよねぇ』とのたまっておりますが・笑
| の〜♪ | 2008/01/28 3:59 PM |
◆naichanさんへ
遅いレスで〜( ̄▽ ̄;)すいません。

忙しいというかダラダラしているというか・笑
しっぽ達に異変があるとビビリますよね〜
Kai君、ただの脂肪の塊で良かったぁ(^▽^*)
しこりってホントビビリますよね。
お玉もシニア期に入るから気を付けないと…ってKai君と同い年ですよね♪
お互い可愛い子供達のこと気をつけましょうね♪
…ってまず自分の管理をちゃんとせねば・笑

しかし、お玉はホントにお腹が弱いかも〜
腹巻き真剣に考えようかしら・爆
| の〜♪ | 2008/01/28 4:03 PM |
◆カイパパさんへ
レス遅くなりました〜・汗

そうかっ、お玉の厄落としかぁ( ̄▽ ̄*)
じゃあこれで、今年は大丈夫かな・笑

普段家でトイレをしない子ってこういう時困るんですよね〜(^^;)
で、我慢しきれなくなって粗相したのに小さくなってる姿は…絶対叱る事できませんよね(*^^*)

シロぴんは以前余命2ヶ月かな〜って言われて既に5年が経つツワモノなので、まだまだギリギリながら頑張ってくれると思ってます…というか、頑張ってもらわねば・笑
| の〜♪ | 2008/01/28 4:10 PM |
◆にこまる★ママへ
亀れすで〜(^^;)ずいまぜん。

結局シロぴんのモコモコは血ぺいだったです(^^;)
なので、ペロリと剥がれてきれいに無くなったみたいで良かったですよぉ〜♪
相変わらず、ンコ臭ヨダは健在でほぼ毎日フリースとっかえてます・笑

そうなんですよね〜お玉は基本的にオヤツの食べすぎなんですよね( ̄・ ̄;)
私も甘けりゃ、ダンナも甘い(反省)

…にこまる★ママも猫布団平気なタイプなんですね( ̄ー ̄*)ふふふ
ま、私も昔は全然平気だったんですけどね・笑
| の〜♪ | 2008/01/28 4:20 PM |
◆モモマルルさんへ
遅いレスですいません(^^;)

ホントに麻酔することにならなくて良かったですよぉ。
一番マシな原因だったのでホッとしました(まだ油断はならないですけどね・汗)

ダンナのうたた寝っぷりはホント見てる私も笑えます(^^*)
よくあの態勢で寝られるなぁ〜ってある意味感心しますもん☆
| の〜♪ | 2008/01/28 4:23 PM |
◆ビンぞうさんへ
毎度のことながらの亀レスです〜(^^;)

お玉のお腹は復活して、いつも通りになりました♪
ホント、部屋中ポタポタされるのはたまんないけど、こればかりは怒れませんもんね〜(^-^;)
恐らく本人が一番辛かったもんだと…

ンコ臭のヨダ…嗅いで見ます?( ̄ー ̄*)ふふ
後悔しますよ〜ん・笑
老齢化すると犬も猫も(もちろん人も)体に色んなガタがでてくるからホントに気を付けないといけないですよね(*^^*)
| の〜♪ | 2008/01/28 4:29 PM |
◆きろろの母さんへ
いやはや遅いレスで〜(^^;)

シロぴんは相変わらず綱渡りではありますが、何とか今日も元気にブラッシングを催促にきています・笑
ンコ臭のヨダ…わかります???・爆
ホントに何とも言えない臭さですよね〜・爆爆

お玉のPは…本人が一番辛かろうと(^^;)
我慢しきれなくて粗相するので叱れないですよね。
もう少し派手にアピールしてくれると助かるんですが( ̄▽ ̄;)

ダンナの寝姿…アホでしょう〜?・笑
| の〜♪ | 2008/01/28 4:38 PM |
◆きのとさんへ
えへへ、またしても亀レスすいません(^^;)

お玉のPは無事治って、今はもういつものオヤツ星人に戻りました・笑
自分が悪い事したわけじゃないのに、本人が落ち込んじゃって…いじらしいですよねぇ〜ワンコって。
(猫はこういう仕草まず有り得ない・笑)

ダンナ…アホでしょう(^-^;)
いっつも、あ〜やって寝転んでるんですよ・笑
どこのパパもしっぽ達に大甘ですよね( ̄▽ ̄*)
| の〜♪ | 2008/01/28 4:43 PM |
◆タロウの母さんへ
レス遅くなりました〜(^^;)

はい、シロぴんの方がえらい事になってました・汗
シロぴんの犬歯…そう、麻酔がネックなんですよねぇ。
やっぱりリスクが高いから抜糸のためだけに麻酔っていうのは獣医も乗り気ではなく(もちろん私も)
既に犬歯はグラグラになっているので自然にぬけてくれるのが一番なんですけどね(^^;)
『無麻酔でペンチで抜くって手もあるよ〜血がダラダラでるけど死にはしないから〜』って言われたけど血がダラダラ〜って( ̄▽ ̄;)しかも私がやるんかい!?
。。。ということで、自然にぬけるのを待ちます・笑

そうそう、お玉はけっこうお腹弱いです(^^*)
そうか、キッチンマットは区切りがあるからそこにしたのかっ♪・爆
| の〜♪ | 2008/01/28 4:49 PM |
◆sakuramamaさんへ
亀レスですいません〜(^^;)あはは。

お玉の腹の弱さはわかっていたのに、最近そうでもなかったから油断しておりました(^-^;)

老猫と口腔内の難は切っても切り離せないですよねぇ〜
ちび子ちゃんとミニ男君もそうだったんだ(@@)
全然見えないから驚きだわ〜
シロぴんも以前手術した時に全部抜いとけば良かったのかもしれないです(−−;)(ま、今更ですけどね)
腐った犬歯は自然にぬけてくれる事を祈るばかりですわ〜
| の〜♪ | 2008/01/28 4:53 PM |
◆ももママへ
レス遅くなりました〜(^^;)

いえいえ、ももママの心労に比べれば私なんて・笑
シロぴんの腫瘍疑惑も最悪の場合だったから血ぺいでホッとしました(^^*)
お玉のお腹は〜冷えすぎなのかしらん( ̄・ ̄;)
そういえば、すごく寒くてもフローリングにぺタ〜っと寝てることが多いような…(あ、それでも最近は私のお座布をぶんどって寝てますけどね・笑)

家の中でトイレをしなくなったので、こういう時はどーもこーも…気の毒ですわ(−−;)
…今いちどトイレトレーニング…ってのもなぁ
| の〜♪ | 2008/01/28 4:58 PM |